WORKS 事業紹介

橋やトンネルなどの構造物は老朽化する

都市社会の重要な機能のひとつが交通・流通です。これによって政治経済は著しく左右され、もちろん人々の暮らしにも大きな影響を与えます。交通や流通が安全に正常に機能していることが当然のように皆さんは安心して毎日利用しています。
しかし、高架道路・橋梁・鉄橋・トンネルなどのインフラ構造物は完成した時から老朽化が始まっています。更に車両などが通行することによる疲労は少しづつ負荷が蓄積し痛んでいるのです。また、コンクリート構造物は雨や潮風によってひび割れていきます。そのままメンテナンスをしないで長期にわたり利用を続けると構造物は崩壊してしまいます。

今、そこにある日本の構造物の危機

特に、我が国においては1960年代からの高度経済成長に合わせて、道路・鉄道等の社会基盤整備が急速に推進され、数多くの基礎構造物が急激に増えています。しかし、構造物の寿命とされる50年を近年に迎えようとしている構造物は膨大な量となります。全国の橋梁数は約70万橋あり、2030年代にはその半数以上の橋梁が完成して50年を経過するのです。
国民全体の財産であるこれらの構造物をより健全な状態で継続して安心して利用できるようにするには補修対策が必要となります。
一方、低成長期にある現在、限られた予算の範囲内で膨大な量の構造物を効率的に維持管理していく手法の開発が、これに携わる我々エンジニア全体に課せられた大きな課題となっています。

インフラ構造物の総合調査コンサルタントとは

高架道路・橋梁・鉄橋・トンネルなどは補修や補強・部分交換などの維持管理によって半永久的に継続して利用することが出来ます。
インフラ構造物の総合調査コンサルタント》とは、老朽化や損傷を点検・調査によって早期に発見し、必要に応じて精密検査や部材の切取り検査などを行い、損傷を分析して構造物の状態を正確に把握します。その評価査定をもとに、あらゆる技術的角度から適切で最善の補修・補強計画を導き出します。その上で設計を行い、現場での処置施工が速やかに遂行できるように関係各方面との調整を行います。こうして、インフラ構造物の点検・調査から施工業者に渡すまでを総合的にコンサルティングする業務です。

点検調査から設計までのあらゆるデータは記録保存を行います。
これらの膨大なデータは今後の点検調査によって受け継がれ、長期に亘り構造物の老朽化の履歴が分かるようにしています。
そこから将来にわたり、維持管理の計画が立案できることとなります。

今のそして未来の社会機能が継続して守られ、人々が安心して暮らすことが、《インフラ構造物の総合調査コンサルタント》の使命です。

点検から補修までのフローチャート

業務全体の流れを図式化しています。

政府が道路点検を法律で義務化

2012年12月2日に起った中央自動車道笹子トンネル天井版落下事故。
天井版のコンクリート板が約130mにわたって崩落し、死傷者が発生するというという悲惨な事故です。
供用開始後35年が経過していたこともあり、道路構造物の老朽化問題が注目されるきっかけとなりました。

こうした中、国土交通大臣は、本年を「社会資本メンテナンス元年」と位置付けます。
戦後の復興から自動車交通が増加し、高度経済成長期に集中的に道路整備が進み、現在では市町村道から高速道路まで120万kmにわたる道路が建設されています。それらの構造物はおよそ4~50年を経過し、老朽化が進みつつあるのです。
今、直面している危機は更に大きなものになろうとしています。
それを、財政面や防災対策・危機管理の面など、真に必要な社会資本整備とのバランスを取りながら、戦略的な維持管理・更新を行うことが求められているのです。

そして、政府が動きます。2013年道路法改正で予防保全の道路点検が閣議決定され明確化したのです。
道路の老朽化や大規模な災害の発生の可能性等を踏まえた道路の適正な管理を図るため、予防保全の観点も踏まえて道路の点検を行うべきことを義務化しています。