COMPANY 企業情報

ごあいさつ・理念

ごあいさつ

インフラ構造物の総合調査コンサルタントとして社会に貢献します

私たち内外構造株式会社は、1972年(昭和47年)の創業以来、阪神高速道路をはじめとして道路や鉄道の橋梁を中心としたインフラ構造物の点検・調査・診断・補修設計の業務を担いながら成長を続けてまいりました。

今やインフラ構造物の老朽化が社会問題として大きくクローズアップされる一方、限られた予算の範囲内で膨大な量のインフラ構造物を効率的に維持管理して常に良好な状態に保全し未来に向けて引き継いでいくことが喫緊の課題として強く求められています。
こうした社会のニーズにきっちりと応えるため、私たち内外構造株式会社は、点検・調査・診断技術の高度化や研鑽に一層励み、構造物の安全・安心を守り続けてまいります。

そして、これからも阪神高速グループの一員として阪神高速道路を日夜点検しながら見守ることはもとより、道路や鉄道などのインフラ構造物の点検・調査から診断、補修補強提案までを一貫して遂行する総合調査コンサルタントとして社員一人一人が自覚と責任を持って社会に貢献していくことをめざしてまいります。

代表取締役社長 安田扶律

経営理念・経営方針・行動指針

経営理念

公共構造物の維持管理に携わる者としての自覚と責任を常に保持し、構造物の安全確保を通して社会に貢献する。

経営方針

公共構造物の維持管理に携わる者としての自覚と責任を常に保持し、構造物の安全確保を通して社会に貢献する。

  • 一.顧客への高品質なサービスの提供

    常に技術の習練と意識の高揚に努め、顧客への高品質なサービスの提供を一貫して目指す。
  • 一.新しい技術の獲得と開発

    現状に満足することなく、広範な知識の習得に励み、新しい技術の獲得と開発に努める。
  • 一.働きやすく、活力のある企業づくり

    企業環境の整備を推進し、社員の働く意欲と誇りを満たし、自己啓発の場に富んだ活力ある企業を目指す。
  • 一.社会から信頼される企業づくり

    広く企業としての社会的責任を果たし、社会から信頼される企業を目指す。

行動指針

私たちは、「顧客満足度の追究」、「安全・品質の確保と向上」、「技術の研鑚と創意工夫」、「働きやすく活力ある職場の形成」を通じて企業力の向上を図るとともに、「法令等の遵守と社会的責任の遂行」、「地域社会との良好な関係構築」を徹底し、すべてのステークホルダーに対し誠実に行動することで、社会から信頼される企業であることを目指します。

会社の新しいシンボルマーク

2017年、企業ブランドの構築と印象付けを目的として会社ロゴマークを新規に作成しています。
企業ブランドのイメージは「インフラ構造物の総合調査コンサルタントとして信頼される企業」です。

会社のロゴマークのコンセプトは

  1. 公共構造物の維持管理に携わり、利用者、周辺住民の安全・安心・快適を守る作業に誇りを持って取り組む 活力ある企業である(社員の自覚・責任と満足)
  2. 構造物に対する広範囲な知識を持ち、実際の構造物を自ら確認し、判断する技術力持つエンジニアの集団である(エンジニアたちの広範で創意工夫のある高度な技術)
  3. ひとつの社内に、現場、設計、開発のチームを持ち、総合的判断を下すことができる(チームワークの力、総合調査コンサルタントとしての総合力)

会社の新しいロゴマークはステークホルダーの皆様を対象とし、シンボルマークとシンボルロゴで構成します。

<社名にこめられた思い>
社名の「内外構造」とは構造物の外部と内部の健全性を調査することと意味づけています。

会社の新しいシンボルマーク