RECRUIT 採用情報

先輩社員インタビューINTERVIEW

重責を感じる仕事だけど、
働く環境はとても良い

点検情報部
山本
2010年度入社

働きを認められて正社員に

私は点検情報部情報課で構造物定期点検における損傷データを管理する業務をしています。
現場で点検員により道路管理者の点検保守管理システムのモバイル端末で損傷データが入力され、そのデータが転送されてきます。
私はその損傷データを照査したうえで、データの修正を行い、道路構造物の健全性を評価できる情報を蓄積していきます。

はじめは派遣社員でしたが契約社員となり、それまでの業務状況を認めて頂き正社員として採用して頂きました。働く環境も良好で私としてはたいへんうれしく思いました。

点検データの事実に驚く

この仕事に携わるまでは、車で通るだけの高速道路でしたが、この会社で高速道路の保守・点検という業務を知ることによって、思いもよらなかった事で高速道路の安全が脅かされていることを知りました。雨や海風による劣化、荷重超過したトラックによる疲労、そしてなんと鳥です。点検データには写真が添付されているのですが、「降り積もったような鳩糞」「針金ハンガーを使った鳥巣」「検査路上のヒナ」などの写真は衝撃的でした。

現場の状況を忠実に、
素早くシステムに反映

入社して補助点検士の資格を取得しました。しかし、技術知識の無い私には些細に思えるような損傷であったとしても、その状況によっては進行すると重大な損傷につながる可能性も少なくないようです。
ですから、現場での損傷をできる限り忠実により早くシステムやサーバーに反映し、上司や先輩の指導していただきながら日々の仕事に取り組んでいます。

メッセージ

就活中の学生の皆さんへ

仕事は重責を感じますが、働く環境はたいへんいいと思います。中途採用でも待遇面は良く、有休を取得しやすい環境もあり、慰安旅行など福利厚生が充実しています。
また、自由な社風もあるので、余暇活動補助規程を利用して会社内のクラブを作ってみたいです。たとえばボーリングクラブや歩こう会など、個人的にはドローン空撮をしてみたいです。

募集要項

※応募に関する電話でのお問い合わせは、当社総務部・求人担当までご連絡ください。
 TEL:06-6484-7110 求人担当宛て